東広島市での住宅ローンや住宅助成金の活用術

東広島市や広島県の補助金・助成金・税制優遇

家を建てる際に、いろんなところで耳にする「長期優良住宅」や「ZEH」という言葉。

長期優良住宅とは、2009年6月4日に施行された「長期優良住宅の普及促進に関する法律」(長期優良住宅法)において、その基準を満たしている住宅の事。所得税の住宅ローン控除額の拡大、登録免許税の軽減、不動産取得税の軽減、固定資産税の軽減、住宅ローン金利の優遇といったメリットがあります。

この認定を受けるには、着工前までに申請をおこなわなければいけません。ですから、長期優良住宅に詳しい建築会社を選ぶと安心です。

また、「ZEH」とは国を挙げて推奨している省エネ住宅のことであり、こちらも補助金面での優遇があります。

ただ、登録されたZEHビルダー(ハウスメーカーや工務店など)やZEHプランナー(建築事務所など)による建築でないと、補助金の対象にはなりません。

これ以外にも、自治体でおこなっている補助金制度もあります。東広島市では、木造住宅耐震改修補助事業スマートハウス化支援補助金制度といった制度があります。これらを受けるには一定の条件や申込期間、人数が決まっていたりするので注意が必要です。

住宅ローンとは?

数千万とする家を購入するのに、多くの人が利用する住宅ローン。金融機関からお金を借りることになるので、利息がかかってきます。

定番では、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して融資を行う、最長35年の長期・固定・低金利の「フラット35」があります。省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、耐久性、可変性などの一定の要件を満たす優良住宅の購入では、「フラット35S」と呼ばれる優遇制度が適用されます。

平成21年6月からは、借入金利が20年間優遇される「フラット35S(20年優遇タイプ)」もでき、ますます家の購入への敷居が低くなってきています。

消費増税!住まい給付や住宅ローン減税はどうなるの?

2019年10月に予定されている増税。8%から10%へと上がる事からも、これからマイホームの購入を考えている人にはその影響が気になるところです。

ただ、住宅購入時の土地代には消費税はかかりません。新築の建物部分に消費税がかかるものとなります。

しかも、2019年3月31日までに契約している場合、引き渡し時期に関係なく消費税は8%のままです。

また、2014年4月から2021年12月まで実施予定の「住まい給付金」に関しては、税率アップにともなって最大30万円の給付から最大50万円の給付に変更予定。ところが、住宅ローン減税については変更なしとなっています。

一級建築士がいて、長期優良住宅とゼロエネ住宅(ZEH)が建てられる注文住宅会社3選
ギャブハウス
東広島
ギャブハウス施工事例
引用元:ギャブハウス施工事例
https://gabhaus.jp/example/
住宅プラン数 15
  • ナチュラル
  • カフェ
  • フレンチ
  • 北欧
  • 和風
    和モダン
  • ブルックリン
  • 平屋
日興
ホーム
日興ホーム施工事例
引用元:日興ホーム施工事例
https://www.nikko-home.com/works/works255/
住宅プラン数 8
  • ナチュラル
  • カフェ
  • フレンチ
  • 北欧
  • 和風
    和モダン
  • ブルックリン
  • 平屋
山根木材
ホーム
山根木材ホーム施工事例
引用元:山根木材ホーム施工事例
https://www.home-yamane.jp/works/works1810
住宅プラン数 5
  • ナチュラル
  • カフェ
  • フレンチ
  • 北欧
  • 和風
    和モダン
  • ブルックリン
  • 平屋