公開日: |最終更新日時:

注文住宅で重要な断熱性・断熱材とは?

注文住宅を建てるとき、重視したいのは住み心地ではないでしょうか。間取りに気を取られがちですが、実は住み心地を左右する要素には断熱性もあります。ここでは、断熱性に優れた家づくりのポイントをまとめました。

断熱性の高い家のメリット

冬温かく夏は涼しい

断熱性が高い家に住んでいると、外の温度の影響が最小限で済みます。壁を通して外の温度が室内に入ってきてしまうのが一般的。断熱効果を高め、温度が室内に伝わりにくくすることで、冬は温かく、夏は涼しい住まいになります。

ヒートショックを起こしにくい

断熱性に優れている家は、冬の室内の冷え方が穏やかです。そのため、暖房をつけている部屋とつけていない部屋で、温度に大きな差が発生しません。ヒートショックを起こしにくいというメリットがあります。

光熱費を抑えられる

断熱性が高い家は、外の温度の影響を受けにくいため、冷暖房に頼ることなく年中快適に暮らせるのが大きなメリットです。真夏や真冬に冷暖房を使用したとしても、補助的な使用に留まるため、光熱費を抑えられます。

断熱材の違い

無機繊維系

グラスウールやロックウールに代表される断熱材です。素材が繊維状になっていて、絡みあうことで空気の層を作り断熱効果を作ります。繊維系断熱材の中で、無機繊維系は、鉱物などが原料です。

木質繊維系

繊維系断熱材の中で、木質を素材にした断熱材が木質繊維系です。新聞紙や段ボール、おがくずなどが原料。充填工法が採られ、吹き付けるので、隙間ができないことが特徴です。セルロース(セルローズ)ファイバーが木質繊維系断熱材の代表。素材自体の調湿効果が得られます。防音や吸音効果も期待できる素材です。

天然素材系

羊毛、炭化コルクなど、天然素材を使用した断熱材。健康にこだわった家づくりをするときに選ばれる断熱材です。素材そのものの調湿・断熱・防虫効果も得られます。高価で施工可能な業者が少ない点がデメリットと言えるでしょう。

発泡プラスチック系

ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)、押出法ポリスチレンフォーム(XPS)、硬質ウレタンフォーム、フェノールフォームといった種類がある発泡プラスチック系の断熱材。発泡により断熱効果を生み出しています。施工がしやすく断熱効果も高いため、よく使われている断熱剤です。

断熱性の高い家に住もう

健康的で快適な暮らしをしたいなら、断熱性がポイントです。工務店によって、採用している断熱材や断熱に対するこだわりは異なります。断熱性の高い家を作るには、工務店選びが重要です。

関連ページ

東広島市で注文住宅を建てる完全ガイド

快適な住宅にするために押さえておきたい間取りのポイント
ダイワハウス(東広島ハウジングフェア内)
井上工務店
山根木材ホーム
豊北木材工業
三井開発(ミツイハウス)
テクナホーム
ミサワホーム(東広島ハウジングフェア内)
TK Design Office
大喜
住宅を建てるうえでチェックしておくべき保険とは?
注文住宅を建てるときの会社の選び方
一条工務店(東広島ハウジングフェア内)
注文住宅の工法の種類は?
トヨキタホーム
タカシン・ホーム新東広島営業所
Cobain(コバーン)
住友林業(東広島ハウジングフェア内)
いえとち本舗東広島店
アイデザインホーム
創建ホーム
セキスイハイム中四国
自然素材の家のメリットとは?
積水ハウス
パナソニックホームズ
フルオーダーとセミオーダーの違いとは?
トータテハウジング
平原建設
中工務店
市川工務店
ZEHのメリット・デメリット
日興ホーム
築匠木家
マエダハウジング
西本ハウス
注文住宅で重要な断熱性・断熱材とは?
注文住宅を建てるときの土地の探し方
ギャブハウス東広島
東広島市の注文住宅の相場と完成までの流れ
東広島市での住宅ローンや住宅助成金の活用術
TRAP DOORS(トラップドアーズ)八本松事務所
失敗談から学ぶ、注文住宅の成功の秘訣【東広島市版】
坂田工務店東広島営業所
二世帯住宅のメリットとデメリットについて